寿命の長い照明

従来の電気は、白熱電球が主流でした。白熱電球は、内部のコイルに電気を流しその熱によって明かりを発生させる仕組みです。
コイルに電気を発生させるためには、たくさんの電気を消費しないといけません。そのため、電気料も高くなりがちです。
そうした問題を解決しようと、LEDが発明されました。LEDは、電気料の面でも優れた照明器具です。
発光ダイオードというものを使って、電気を流すと光る仕組みになっています。直接的な明るさを叶えているので、コイルを使った方法よりも電気料が少なく済むようになっています。

発光ダイオードの事をLEDと呼び、LEDを取り付けた照明器具はLED照明と呼ばれています。LED照明が一般的に普及され始めたのは、青色発光ダイオードが開発されたためだと言われています。
青色発行ダイオードの開発により、白色光照明の実用が出来るようになりました。消費電力も抑えるので、省エネ効果ももたらします。
一般家庭において、従来の白熱電球からLEDの照明器具に変えるには、大掛かりな電気工事が必要なのではと感じる人もいるようですが、基本的に電気工事は必要ありません。
工事の心配も無いので、手軽にLEDに取り替えることが可能です。

白熱電球は明るさの単位を、ワットで表しますが、LEDの場合はルーメンという単位で表します。パッケージにワットとルーメンの表示を書いてわかりやすくしている場合もありますが、メーカーにより違いもあります。
実際にLEDに交換した時、白熱電球よりも暗く感じる場合もあるため、明るさを求めるなら、パッケージ表示をよく確認したうえで購入しましょう。
LEDの優れているところは、寿命が長いという点です。従来の照明器具よりも何倍もの長寿命をしているので、一回の取り付けで長い期間使用する事ができます。
その上、省エネ効果もあるので、街灯やイルミネーションなどに使っても、それほど高額な電気料にならないのが魅力です。
街灯などに限らず、大企業やビル、商業施設などには、多くの電球が使われています。その電球をすべてLEDに変えることで、大幅な経費削減が実現できます。
取り付けの電気工事も、白熱電球や蛍光灯と同じ作業なので、特殊な技術習得の手間や訓練などは必要ありません。効率よく取り替えることが出来ます。
こうした優れた面を多く持っているLEDなので、価格は白熱電球よりも高価です。しかし、一度の取り付けで長い年月使い続けることが出来るので、長い目で見るとお得です。

Other Site

LEDのオーデリック照明を買うならこちらへ!|ライトアップ

照明の交換を考えているなら取替工事はコチラにご依頼ください|せいよう

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031